せんべろと柴崎立ち飲みフェスティバル

柴崎ってどこ?

「柴崎」と聞いてピンとくる方は、どれくらいいらっしゃるのであろうか。

img_4923
(駅前の踏切)

柴崎は京王線上にあり、新宿からの乗車時間は最速22分ほどの距離にある駅である。

この京王沿線は過去にあまり縁がなく、乗車したことがあるのは過去1~2回。

そして、筆者の行動エリアから柴崎までの所要時間は1時間強…

なぜ、この駅に訪れたかというと、先日「柴崎立ち飲みフェスティバル」なるイベントを運営をしている方から、「イベントに遊びに来ませんか?」とお誘いをいただいたからである。

正直、ご連絡をいただくまではこの街の名前も、立ち飲みが3軒あることも全く知らなかった。調べていくうちにとても興味がわいたので、イベント初日に訪れてみることに。

大盛況の立ち飲み

柴崎に降り立つと、イベント対象店舗はどちらも大盛況で、時には行列ができるほど。

img_4921
(アウーの王国 外観)

パンパンで入れる気がしない…

img_4953
(まいど 外観)

「今、満員ですね!」

img_4924

雨も降ってきたことだし、こちらのラーメン食堂で、一杯飲んでもいいかもなんて思ったり。

激安っぷりがスゴイ「帆利川」

そうだ、一番気になっていた「帆利川」がまだあるじゃない。ってことで伺うと、運よくスペースがあり入ることができた。

img_4940(L字カウンターが伸びる店内)

味わい深い店内に入ると大盛況!

L字カウンターを、ダークダックススタイルのお客さんたちが囲む。老若男女問わず様々な世代で賑わっているね。

img_4926
(お酒メニューは150円~)

この日はイベントデーということもあり、チューハイ類や日本酒が100円均一

アテのメニューはなく、ネタケース上から選ぶシステム。

目の前では店員のお兄さんが、セッセと揚げ物などのアテを作られていて、これは食欲がわいてくる。そして、「次は何を作るんだろう?」とのワクワク感!

何か作り出す度に、周りのお客さんの視線を一気に集めている。このシステムはいいなぁ。

img_4928
(支払いはキャッシュオン)

さて、何をもらおうかな。やっぱりチューハイからもらいますか!

▼チューハイ@100円
img_4930

一杯100円のチューハイで乾杯!

グラスはやや小ぶりなタイプ。甘くないプレーンなタイプでサッパリ、グビグビいける。

▼メンチカツ@100円
img_4932

お兄さんが目の前で揚げていたメンチカツ。

img_4936

ふぁ~美味しそう!これで100円は嬉しいな。

img_4937

サクサクジューシーでチューハイとも相性バッチリ。

この2つで合計200円ってのが信じられない!これはテンションが上がるなぁ。

▼日本酒熱燗@100円
img_4946

そうそう、なんと日本酒も100円。銘柄は越後の里の模様。

▼焼きそば@150円
img_4950

お次にもらったのは、目の前でお兄さんが作っていて美味しそうだった焼きそば。

焼きそばをアテにして飲むの大好き!大つかを思い出すなぁ。

img_4951

ちょっと脂っこいけど、チューハイがすすむいいアテ。具沢山なのも嬉しい。

お会計は…

650円也=1人あたり350円(笑)

※お酒2杯ずつ、アテ2品シェア

やっすー!100均系酒場と並ぶほど安い。

激安な上、渋く和気あいあいと温かみのある雰囲気のお店でした。

通常時もお酒が150円からあるのが嬉しいポイントですね!また、次々とアテが出来上がるので、次は何がネタケースに置かれるのだろうとワクワクしました。

また今度、ゆっくりと伺いたいです。

「帆利川」の食ベログページはこちら

あとがき

あいにく雨が降ってきたり混雑していたので、残り2軒は断念してしまいました(忍耐力なし…)が、愉しいひと時でありました。また今度ゆっくりと訪れたいです!

ということでこの後、同じく未訪の地である「下高井戸」へ向かったのでした。

その後、電車に揺られ「下高井戸」で訪れたお店はこちら↓
下高井戸「たつみ本店」まるごと一匹?のいわし梅揚げ380円に舌鼓!メニューの多さに圧倒される大衆居酒屋

シェアする

フォローする